Webマーケティング戦略に使えるフレームワークを紹介!

2019年10月23日

Webマーケティングの戦略を立案し効率的に実践するには、フレームワークの選択がかぎを握っています。フレームワークとは共通して用いられる基本認識や問題解決のために考案される枠組みのことを意味します。本当にフレームワークを活用して業務を効率化できるのか疑問を抱く向きも多いのではないでしょうか。そこでWebマーケティングに活用される機会が多い代表的なスタイルを中心に御紹介します。

3C分析

自社・顧客・競合相手の3者のプレーヤーを想定する分析方法です。3C分析では、とりわけ顧客の嗜好を正確につかむことが重要です。例えば顧客が安さを重視するなら、質にこだわる必然性は低くなります。

4C分析

顧客の視点でマーケティングの課題を洗い出す方法です。4C分析では顧客の負担する費用や利便性・顧客にとっての利用価値、そしてコミュニケーションの4点から分析をはかります。

ロジックツリー

WHY(なぜ)ツリー・HOW(どのようにして)ツリーなど問題解決の場面や用途に応じて解を追求します。たとえばWHYを想定したロジックツリーでは、なぜなのか理由を樹状に展開しマーケティングの方向性を分析する方法になります。

SWOT分析

企業の外部要因と内部要因の4種をもとに分析するフレームワーク。SWOT分析を活用することで自社だけでなく競合相手の分析も可能にします。

STP分析

セグメント・ターゲット・ポジションの3つに分けて分析します。STP分析は自社の客観的状況を元にマーケティング戦略を考案するので、基礎的なフレームワークと認識されているようです。

PDCAサイクル

計画・実行・評価・改善の頭文字をとったフレームワークです。PDCAサイクルは同時に改善や各種の最適化を可能にするので、ウェブマーケティングでも頻繁に使用されています。

5フォース分析

売り手と買い手の交渉力・企業間の敵対関係・新規業者や代替品の脅威などで業界全体の収益性をはかるというもの。5フォース分析では5つの要素が強いほど収益性はひくく、逆の場合は高い収益性を期待できると考えられています。

PEST分析

政治経済や社会状況・技術革新などの外部要因が、自社に与える影響を分析するフレームワークです。PEST分析の目的は企業に政治経済的要因が、どのような影響を与えそれに対応するためのマーケティング戦略の考案を迫ることにあります。