Webマーケティングの手法にはなにがある?

2019年07月03日
パソコンを使用している女性

Webマーケティングを効率的に運用するには基本的な原則があります。Webマーケティングには様々な手法が存在しますがどれを選択すれば、当初の目的を効果的に達成できるのかの指標を与えるものです。代表的な原則には、SEO・LPO・EFOなど自サイトに関連する原則と、SNSの影響力を意識したSMM等を指摘することが出来ます。

SEOとは検索エンジンの最適化のことで、直接的には検索結果上位表示を実現するための方策のことを指しています。自サイトへのアクセス数を増やすには、検索上位で注目を集める必要があるのでSEOはすべての出発点に位置するものです。アクセスしてもらっても使い勝手の良さが大事で、LPOはランディングページの最適化をはかることです。つまりより使い勝手が良くコンバージョンにつなげるためのサイトページの構成や、内容を見直すのがLPOと言うわけです。

最終的なコンバージョンにつなげるにはメールフォームが問題になります。EFOは入力フォームの最適化のための施策のことです。そしてSMMは自サイトの運営と同時にSNSをWebマーケティング活用するための施策を実行することになります。これらの基本的原則を前提にしてWebマーケティング手法の代表的なものをあげるとリスティング広告、アドネットワーク広告・リターゲティング広告・メールマーケティング・アフィリエイト広告などになるでしょう。

リスティング広告とは、検索結果最上位に表示される広告でSEO対策の影響を排除できるのが大きなメリットです。アドネットワーク広告とは、複数のウェブサイトをネットワーク化し専用のツールを使用して複数のサイト媒体に広告を表示するというWebマーケティング手法のことになります。リターゲティング広告とは、一度ウェブページを訪問した検索ユーザーに対してバナー広告などを検索結果に表示させるというWebマーケティング手法のことです。クッキーとよばれるシステムでユーザーの情報をリスト化し、ユーザーの属性に応じたバナー広告などを配信するというWebマーケティング手法です。メールマーケティングとは、メールを駆使して、マーケティング目的を達成するためにユーザーに行動に出てもらうWebマーケティング手法のことです。アフィリエイト広告とはASR会社と契約し、紹介してもらった商品やサービスの売上があがったときに所定の方式で計算された成功報酬を支払うというWebマーケティング手法になります。