WebマーケティングにおけるSEOの方法をご紹介!

2019年07月18日
パソコンを使う女性

Webマーケティングにおいては、検索結果の最適化(SEO対策)は常に実践する必要があります。SEO対策とは具体的には検索結果上位表示を目的に考案実践される各種の方法をさしています。検索順位上位されることで検索ユーザーの目にとまる可能性がたかまり、自サイトへのアクセスの増加と集客や売り上げなどのコンバージョンも見込めることになります。とりわけGoogleやYahooなどのロボット型検索エンジンが主流の現在のインターネット環境においては、検索結果の最適化のための取り組みは大きな意義を有しているのです。

従来からSEO対策には大きく分けて、内部対策と外部対策の二つの方法が採用されてきました。外部対策とは自サイトからインターネット空間に対して対策をとることで、主に被リンクの獲得がかねてより重視されてきました。被リンクとは外部サイトから自サイトへ貼られたリンクのことです。検索ユーザーは検索キーワードを元に自サイトのコンテンツにたどり着き、有益な情報や共感を得ることが出来れば、リンクを貼るのは自然な行動です。つまりGoogleなどの検索エンジンは被リンクを一種の人気投票と捉えています。しかし検索ユーザーの共感を得て自然な被リンクをもらうには、コンテンツの質が大事で、検索キーワードに対して品質の高いコンテンツ提供に心掛けることも必要です。

またスマホなどの携帯モバイルの登場は、検索トラフィックに置いても顕著です。現在ではモバイル端末のトラフィック数がパソコン経由の数を上回る状況です。こういったスマホなどの爆発的普及を受けて、GoogleはMFIというアルゴリズムのアップデートを実施しました。これまで検索結果の判断基準をパソコンサイトにしていましたが、MFI実施後はスマホ対応サイトが基準になります。スマホでもストレスなく視聴できるマルチデバイスの必要性が高く待っているのです。そしてWebマーケティングのSEOでは内部対策も重要です。

検索エンジンはウェブサイトの内部構造を頼りにインデックスを行っています。内部対策は検索エンジンがクロールしやすくすると同時に、検索ユーザーの利便性を高める点でも重要です。内部対策の主なものは、タイトルタグの設置とアンカーテキストの適切な配置が重要です。タイトルタグを設置することで、検索エンジンもコンテンツを発見しやすくなるので外部対策の意味合いもあるのです。またアンカーテキストを適切に配置すれば、インデックス漏れのリスクも下げることが叶います。