Webマーケッター必須!最強に使えるツール5選

2019年09月13日

Webマーケティングでは様々な属性に分類できるデータを取得することができるのが出来ます。膨大なデータをマーケティング戦略に活用するためのツールは、無料バージョンも含めて数多く公開されています。日々蓄積されていく各種のデータを活用して、各種の対策や広告手法の効果の程を判定することで、Webマーケティングの成果の最適化を実践することが可能になります。そこでWebマーケティングに活用できる代表的な分析ツールの特徴や使い方などを御紹介します。

SimilarWebは、競合サイトのトラフィックや検索キーワードの動向などを把握できるのが特徴です。SimilarWebの使い方はとても簡単で、競合サイトのURLを入力して実行するだけです。取得できるデータには訪問ユーザーの数や時間推移・直帰率や流入キーワードまで多岐にわたります。

Googleトレンドは、検索キーワードの動向や関連性の高い共起語や地域別のニーズの違いなどを把握分析できるのが特徴です。Googleトレンドの使い方は、関心を持っているキーワードを入力して実行するだけです。地域ごとの中長期的な検索キーワードの推移などを分析することで、中長期的なマーケティング戦略立案に役立ちます。

GRCは、検索キーワードを糸口に検索順位を判定するツールになります。キーワードを入力するのが基本的な使い方ですが、起動時に検索順位チェックする機能をオンにしておけば、いちいちGRCを立ち上げる手間もかかりません。

PageSpeed Insightsは、パソコンサイトだけでなく、スマホなどの携帯端末向けページのサイトパフォーマンスに関するデータを取得することができるのが特徴です。PageSpeed Insightsで分かるデータには、ウェブページの表示速度に関する評価スコアやサイトパフォーマンスに関する推奨できる方法にどの程度準拠しているのかをスコアなどが中心です。

Social Insightは、SNSについてのアクセス解析を実践できるツールになります。近年のWebマーケティングでは無視できない存在になっているSNSにおける口コミ分析や、各社SNSのアカウントの推移や複数アカウントの投稿管理などを実践することができるのがメリットです。Social Insightを特徴づける口コミ分析では、特定キーワードに関する口コミを、独自の分析エンジンで高速で分析データを提供してくれます。