インターネット環境が普及した結果、マーケティング手法も大きな変容を蒙ることになりました。Webマーケティングと言う言葉を良く耳にする機会があるかと思いますが、実際にどのようなことを意味しているのか、意識しているのは少ないのではないのでしょうか。Webマーケティングの意義をここで確認しておくと、Webサイト上で商品やサービスを販売や集客などを促進する活動のことです。

Webマーケティングには、SEO対策にはじまりリスティングやアフィリエイト広告やSNS広告など手法は多彩ですが、いずれも集客施策や接客施策・再訪問施策・効果測定施策などのいずれかを、達成する点では共通しています。そしてWebマーケティングを成功につなげるには、集客数をアップさせるための集客施策、接客施策によるサービスの向上・再訪問施策によるリピーターの獲得、そして効果測定施策によるWebサイト全体の改善などが円滑に循環することが重要です。つまり集客・接客・リピーターの訪問のサイクルが完成すれば具体的コンバージョンの順調な成長も見込めるはずです。

具体的には集客施策のためのSEOやリスティング広告やWebサービスへの広告出稿などが用意されているのです。接客施策では、Webサイトのランディングページの最適化やSNSを通じたアフターフォローなどを挙げることが出来ます。中長期的成長に不可欠な再訪問施策には、ユーザーの属性に応じたメールマーケティングや、一度離脱したユーザーに訴求可能なリターゲティング広告などがあります。

また、Webマーケティングでは、ユーザーに関する様々なデータを取得することができます。各種のデータの特徴は、数値で管理できる点にあります。例えばサイト内でのユーザーの回遊動向や直帰率・検索クエリごとの流入量・トラフィックの経路など、すべてのデータは数値で管理できるのです。つまりこの各種のデータの数値管理が効果測定施策の主要な役割になるわけです。

幸いなことに、Webマーケティングで配慮するべきデータの数値管理は、低コストで運用管理することが可能です。低コストといっても無料から有料のツールまで、各社のWebサービスで公開されています。低コストで運用できるツールであっても、Webマーケティングの最適化に活用できるデータを取得することが可能です。効果測定施策を活用して、次のWebマーケティングのコンバージョンアップに活かすのが重要な視点と言えます。